Non smoking store wanted「禁煙の店」募集について

健康増進法第25条では、学校、体育館、病院、劇場、観覧場、集会場、展示場、百貨店、事務所、官公庁施設、飲食店など多数の人が利用する施設の管理者は、利用者の受動喫煙を防止するため必要な措置を講ずるよう努めなければならないと定められています。 福岡市では、飲食店、ホテル、医療機関など多くの市民が集まり、利用する施設等で、受動喫煙によるたばこの健康への悪影響を防ぎ、市民の健康づくりを支援するため、市民自らが利用を選択できるような情報提供や、事業者への意識啓発等を目的として、受動喫煙防止対策に取り組む施設等を応援する「福岡市禁煙協力店・施設」登録事業を行っています。 お申し込み詳細は、福岡市ホームページをご覧ください。

Tobacco Action Guidelines福岡市たばこ行動指針

平成16年3月に「福岡市たばこ行動指針」を定め、行政と事業者,市民が一体となって,健康づくりの視点でたばこについて考え,行動を起こすための方向性を示しました。

禁煙マーク

禁煙マーク

Roadside non smoking area福岡市内の「路上禁煙地区」について

「人に優しく安全で快適なまち福岡をつくる条例」により,天神・大名地区と博多駅周辺地区の一部を「路上禁煙地区」に指定しています。 「路上禁煙地区」の道路上では,歩行中や自転車乗車中の喫煙が禁止されています。 福岡市では,現在,路上禁煙地区を中心に、指導員の巡回による指導・啓発を実施しております。 市民の皆さまのご協力をお願いいたします。 福岡市内の路上禁煙地区は以下のとおりです。

また,条例では,喫煙者の責務として,市内全域で

  • 歩行中や自転車乗車中に喫煙しないよう努めること
  • 屋外で喫煙する場合は,吸い殻入れを携帯するよう努めること

が,定められています。

スーナちゃん

路上禁煙シンボルキャラクター「スーナちゃん」

smokefree

提供:福岡市