たばこ・ロコモなど

たばこの害・健康を考える

福岡市の取り組み

よし、禁煙しよう!

ロコモティブシンドローム

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)とは、「立つ」「歩く」など人の動きをコントロールするための体の器官(=運動器)が衰えている状態を言い、放っておくと、日常生活に支障をきたし、要介護、さらには寝たきりの状態になってしまうこともあります。

福岡市の取り組み

test_yokaroumon
次の7つをチェックしてみましょう!□ 片足立ちで靴下が履けない
□ 家の中でつまずいたり滑ったりする
□ 階段を上るのに手すりが必要である
□ 横断歩道を青信号で渡りきれない
□ 15分くらい続けて歩けない
□ 2㎏程度の買い物をして持ち帰るのが困難
(1リットルの牛乳パック2個程度)
□ 家のやや重い仕事が困難
(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)


もしひとつでも当てはまれば、運動器の衰えを考える必要があります。日頃の運動や、バランスの良い食事をとることで予防しましょう。また、腰や関節の痛み、筋力の衰え、ふらつきといった症状が最近悪化してきている場合は、医師の診察を受けましょう。

今からはじめる介護予防

準備中です

PAGE TOP